アラサー女子の婚活・失敗した体験談

街コンで相手との距離感を間違って失敗したアラサー女子の婚活体験談

アラサー(30代)女性・みんこさんの婚活で失敗した体験談

私は、結婚後も自分の住み慣れた土地で暮らしたいという希望があり、結婚するなら地元の神奈川出身の男性または、他県出身でも神奈川に住んでくれる人を結婚相手の条件として考えていました。

そのため、婚活の場となったのは、地元神奈川で行われる街コンへの参加がメインでした。

基本的に女性は男性より値段設定が安くなっており、一回の参加で支払う料金は数千円程でした。

ここ1年半で15回ほど参加しました。結婚相談所への登録は予算の関係で行いませんでした。

婚活に失敗した原因・理由。その時の心境や気持ちの切り替え方

失敗した理由は、結婚したい気持ちを前面に押し出しすぎたことです。

初対面にもかかわらず、見定めするように学歴、収入、家庭環境等をダイレクトに聞いてしまい、相手から惹かれてしまうことが多々ありました。

結婚したいという気持ちを前提に街コンに参加しているという気持ちは、みなさん一緒だとは思いますが私の場合、少しずつ距離を縮めることをせず失敗しました。

次回の婚活で失敗しないために気を付けようと思うこと

今後のために、興味がある男性がいたら趣味等の軽い話題から共通点を見つけ出して徐々に距離感を詰めていこうと思います。

けして今迄みたいに結婚したい気持ちを前面に押し出すことは避けたいと思います。

ヤリモク男は、婚活に真剣ではない男性は必ずしも数名、街コンにいると思うので、まずなぜ婚活する気になったか理由をはっきり聞いて確かめておくべきだと思います。

まとめ 同じ悩みを持つアラサー(30代)の女性に対するアドバイスなど

周りが結婚しだし、焦る気持ちを持ちながら婚活に励む30代の女性は多いと思いますが、自分の信念を貫くことは大事だと思います。

結婚したい気持ちが先走り、守備範囲が広くなるように相手に求める条件を下げたりすることは実際に結婚した後にやっぱり違うなという気持ちに繋がると思います。

いつか素敵な相手に出会うことを願って自分に合う相手を探すことが幸せな結婚への道だと信じています。

投稿者のプロフィール

みんこさん
29歳
神奈川県
婚活期間:約1年半
同年代の周りの友人が駆け込みで結婚するのを目の当たりにして、私も結婚したいと強く思うようになり婚活を始めました。

 

結婚=恋愛ではない!アラサー女子の婚活 失敗した体験談

アラサー(30代)女性・ユウキさんの婚活で失敗した体験談

商店街の街コンから、神社関係の人しか集まらないコンパスタイルの婚活に参加しました。

どちらも参加費は¥2,000程度だったと思います。

街コンでは住んではいないが好きな地域の街コンでしたので、同じようにその地域が好きな人が集まっていました。

年齢層は高めでした。

ある程度の自己紹介が必要で、お互いを知るために質問するのですが、質問をずっと濁す人が数名居ました。

彼の聞かれたくない内容が、私にとっては聞くべき内容であり、その先に話題を進められないという事が多々ありました。

婚活に失敗した原因・理由。その時の心境や気持ちの切り替え方

出身地や家庭環境は笑いながら話せる人が多かったのですが、高学歴な人ほど学部に拘りがあり、第一希望に入れなかったからという理由で大学以降の話ができず、

なぜ今の職業に至るのか等、当時の自分には重要な事が聞けませんでした。

30手前でしたので、卒業してから数年間の話を知らないと本人の事もわかりようがないと感じました。

次回の婚活で失敗しないために気を付けようと思うこと

ヤリモク男は大抵相づちが上手で否定を全くせず、すぐに連絡先を聞いて下の名前で呼んで来る傾向にあることは学びました。

また過去は過去だからと割りきれずに引きずっている男性が多いことも多々見受けられました。

卒業大学の学部の話もそうですが、本人が拘るところと、自分があまり拘らないところが同じであれば、うまくはいかないということも学びました。

まとめ 同じ悩みを持つアラサー(30代)の女性に対するアドバイスなど

フィーリングが大事だと良く言いますが、詳しい話題は後々からでも間に合うので、まずは第一印象と臭いで合うか合わないかを意識してみると良いのではないかと思いました。

臭いわけでは決してないのに、どうしても気になる臭いというのは本能的に合わないそうです。

心地よいと思える臭いを放つ人で、ゆっくりと話を聞いて、また話してくれる人を探すことが大事かなと思いました。

投稿者のプロフィール

ユウキさん
30歳手前
神奈川県
婚活期間:半年

スポンサーリンク
おすすめの記事